ホーム > イベント情報

<イベント一覧>


<イベント情報詳細>

背景が   色のイベントは終了しています。
<ムーブフェスタ2021市民企画事業 シンポジウム>
日時2021年 7月 11日(日) 14時00分~16時00分  
***** 終了しました *****
タイトル発達障害児者の子育て・親育ちシリーズ17「発達障害者支援の過去、今、未来」
主催者北九州市自閉症協会
会場北九州市立男女共同参画センター“ムーブ” 5階 大セミナールーム(北九州市小倉北区大手町11-4)
※公共交通機関の利用をお願いします。
内容内容発達障害支援の療育・教育・福祉の各分野の視点から、これまでの取り組み、現在の課題、未来への夢を語り合い、「支援の在り方」と「発達障害者のよりよい未来を拓く」ために私たちができることを考えていこう
定員定員会場 80名  ZOOM参加 100名
参加費参加費無料
後援後援北九州市教育委員会、社会福祉法人北九州市福祉事業団
講師プロフィール講師プロフ▶酒井一栄氏
昭和51年3月関西大学社会学部社会学科を卒業後、北九州市福祉事業団に入職し、以後事業団の小池学園、小池学園成人部、総合療育センター、北九州市発達障害者支援センター、引野ひまわり学園、八幡西勤労青少年ホームに勤め、令和2年3月に退職。現在は、株式会社C-smile放課後等デイサービスおーぷんはーとおりお管理者。
▶樋口陽子氏
福岡教育大学大学院教育学研究科修了(教育学修士)。福岡市立学校教諭として7年勤務。北九州市立学校教諭、主幹教諭として30年勤務。この間に発達障害者支援センターつばさに3か月間派遣。特別支援教育コーディネーター、市内全体の総括コーディネーターを拝命。現在、一般社団法人キャリアサポートクラブ理事、事務局長として勤務。
▶中西泰臣氏
平成4年に社会福祉法人北九州あゆみの会(身体障害)入職。平成6年社会福祉法人北九州市手をつなぐ育成会(知的障害)入職。平成20年公益社団法人北九州市障害者相談支援事業協会(3障害・委託相談支援)入職。平成26年NPO法人践士会Ⅰet小倉南(発達・生活介護/放課後デイ)設立。平成30年よりNPO法人践士会理事長。(Ⅰet小倉南管理者兼務)
申し込み方法申し込み方法▶▶Web申し込み方法(会場参加、ZOOM参加)
https://forms.gle/CYtFSpBRFVgGZdEz5
上記 URL から Web にアクセスの上、必要事項を記入し、お申し込みください。
申し込みいただいた方に、追って、ZOOM 参加方法などをお知らせします。

▶▶FAX・メール申し込み方法(会場参加)
以下を明記の上、FAX またはメールでお申し込みください。
  1. 氏名(ふりがな)(代表者)
  2. 電話・携帯番号(連絡のつく番号)
  3. メールアドレス(代表者)
  4. ご所属(教育,保育,福祉,医療,当事者,保護者,その他(具体的に))
  5. ご一緒に参加の方のお名前(ふりがな)
申し込み先:FAX 093-964-1102(伊野),メール asj.kitaq39@gmail.com
申し込み締め切り申し込み締め切り 7月 1日(木)
問い合わせ先問い合わせ先北九州市自閉症協会 TEL/FAX 093-964-1102
備考備考ご案内チラシはこちら(PDF文書 390KB)です。

▲ページの先頭へ戻る


<講演会>
日時2021年 9月 11日(土) 10時00分~12時00分 (7月30日の講演会を延期しました。)  
***** 終了しました *****
タイトルZOOM講演会(対談形式)
主催者福岡県自閉症協会・北九州市自閉症協会
会場オンライン(ZOOM)
内容内容 現在、公務員をしておられるメイプルさん(当事者)と伊野会長の対談形式での講演会をZOOMを用いて開催いたします。
対象対象福岡県自閉症協会会員
参加形態参加形態各自ZOOMでの参加。無料。
申込方法申込方法アドレス(ズームアプリインストール済みのパソコンやタブレット、スマートフォン等のアドレス)をasj.kitaq39@gmail.comにお送りください。また、メールに次のことをご記入ください。
  1. お名前
  2. 次の中から所属する分会名(福岡市自閉症協会。のぞみ福岡親の会。久留米市自閉症児・者親の会。大牟田市自閉症児者親の会。北九州市自閉症協会。福岡市高機能自閉症アスペルガー症候群等親の会「あすなろ」)をご記入ください。
  3. メイプルさんにご質問があればお書きください。
    ※内容によってはお尋ねできないこともあります。ご了承ください。
☆申込された方に9月10日(金)までにZOOM招待メールをお送りします。
招待メールが届かない場合は、090-7385-5039にご連絡ください。
メイプルさんプロフィールメイプルさんプロフ ADHDと自閉症スペクトラムの当事者であることを公言して働いているアラフォーのサラリーマン。
 幼少期から違和感があった。大学時代〜就職直後にかけて数々のトラブルに見舞われ、26歳の時に診断を受けたことで納得の人生が始まった。
 当事者としての活動の他に、興味・関心の強いジェンダー分野の活動もしている。男女共同参画 の視点から発達障害を見つめつつ、多様な個性が活きる社会の実現を願っている。
備考備考ご案内チラシはこちら(PDF文書 296KB)です。

▲ページの先頭へ戻る